頻尿がアルコールやコーヒーを飲むと利尿作用で余計に回数が増える

アルコールやコーヒーには利尿作用がある

 

アルコールやコーヒーには利尿作用があるので、頻尿の人は余計にトイレが近くなります。

 

会社や友達に誘われてお酒を飲みにいく機会も多いでしょう。でも、そんなときにきちんとお酒のコントロールをしましょう。

 

アルコールとコーヒーとの上手な付き合い方について紹介します。


アルコールとコーヒーには利尿作用がある

経験からも分かると思うのですが、アルコールを飲むとトイレが近くなり何度もトイレ井にいきたくなりますよね?アルコールには利尿作用があるからです。

 

アルコール度数が低い物、ビールなどを飲んでも飲み過ぎてしまうと水分をそれだけ取る事になるので、尿の回数が増えてしまいます。アルコール以外でもコーヒーはカフェインが多く含まれているのでトイレの回数が増える事になります。

 

コーヒーだけでなくコーラーや緑茶、紅茶にもカフェインが含まれているので水を飲むよりもトイレに行く回数が多くなる事は理解しておきましょう。特に、ドライブ中にカフェインが入った物だと尿意を感じて長時間のドライブが出来なくなってしまいます。飲む物はしっかりと決めましょう。

 

逆に、利尿作用を利用して尿が出にくいときに飲むなどするといいです。前立腺肥大の頻尿で尿道が狭くなって出が悪い、スッキリしない人は、利尿作用を含んでいる物を飲んでみるとスッキリと排尿する事が出来るかもしれませんね。